不動産登記

不動産登記とは?

多くの司法書士事務所で主な業務として不動産登記を取り扱っています。
不動産登記とは、土地や建物のような財産を公的な書類(登記簿)に記載することをいいます。

不動産登記が必要なときは?

具体的に不動産登記が必要な場合は、不動産の売買をしたときや、建物を新築したとき、抵当権の設定や抹消をするときなどです。

登記簿にはどのような内容が記載されているの?

登記簿には、不動産の面積や所在が明記されるとともに所有者の住所・氏名も記載されます。

この情報は法務局で管理され、誰でも取得することが出来ます。
不動産登記は不動産の安全な取引のために活用をされています。
登記簿の内容に変更がある場合、司法書士が代理申請の手続きを行うことができます。

実務の流れ

ご相談対応→打ち合わせ→受任→資料収集→登記原因情報などの作成→決済→登記申請→登記完了